転職することに対するメリットとデメリット

転職するときには、メリットとデメリットがあります。
メリットが最も大きいのが、収入が増えることです。
待遇が悪い企業から、転職することで収入が上がることもあります。

また、福利厚生が良くなる可能性もあり、これはする前よりも休日は増えても収入は一緒の場合です。
収入が一緒なため、実質的には収入も増えることになります。

保険加入での福利厚生も、中小企業から大企業だと、団体割引などで保険の支払金額が減ることもあります。
更に、やりがいのある仕事に付くことも出来ます。
これまでに、仕事でやりがいを感じてなくても、仕事を変えることで感じられる可能性もあります。

では、デメリットは何があるのでしょうか、
まず、退職金や企業年金が不利になります。
退職金や企業年金は、勤続年数が多いほど有利になる仕組みなので、長く務めるほど多くのお金がもらえます。
途中で、転職をすると不利になることが多いです。

するときには出来るだけ若いときがよく、歳をとってからだと不利になります。
年金も転職するときに加入漏れがあったり、空白期間があるとその分支給がされません。

福利厚生はメリットもありますが、逆にデメリットになることもあります。
有給や早期退職、株式などの人事制度で、勤続年数が影響していることがあり、途中からだと満足の行く待遇が受けらないこともあるので注意です。

賞与や給与なども、半期ごとの評価によって支給されることが多いので、途中から入社すると満額の支給が受けられない可能性があります。

他にも、新しい人間関係になるので、慣れるまでは人脈などが出来ないので苦労する可能性が高いです。
とくに、前の職場で人間関係が嫌で止めたときも、新しい職場にも同じような人がいることもあるので、人間関係が未知数なのもデメリットです。

今の仕事で満足してる?本当にやりたいことを仕事にしないと、一度きりの人生を損しちゃいますよ!このサイトを見たことは、ひょっとしたら運命かもしれません。転職に関する情報をご提供しておりますので、気持ちを新たに羽ばたいてみませんか?