転職する理由や成功例などを年代別に検証

転職する理由は人それぞれです。ほかにやりたい仕事があるから、という人もいれば、残業や給料といった会社の待遇に不満な人もいます。現状特に不満はないが、会社の将来性が不安という人もいます。
年齢によっても異なります。20代であれば、可能性を求めての転職もしやすいですが、40代となると、安易に退職を考えなくなりますので、深刻な理由が上位にきます。
過去に転職をした人の例から、20代~50代の傾向を見ていきましょう。20代の転職理由のトップは、ほかにやりたいことがある、でした。仕事の内容に不満があるように聞こえますが、もっと自分の力を発揮できる仕事があるはず、という前向きな理由にも受け取れます。中途採用に有利な若さを持っているだけに、自分の可能性を伸ばしたいというポジティブな理由がトップにきています。一方で、残業や休日出勤が多い、という理由がほかの年代に比べて最も高くなっていることも注目に値します。仕事にやりがいを求める一方で、プライベートも大切にしたいという若者の特徴が表れています。
30代、40代になると、会社の将来に不安を覚えて、という理由がトップにきます。30代ではスキルアップがしたいという前向きな理由が4位にくるのに対し、40代、50代になると、リストラが上位に食い込んできます。年齢が高くなるほど、やむを得ず転職をする人の割合が高くなることが分かります。
そして実際に転職をした人のうち、満足している人を成功と定義した時、成功例は20代が最も高くなっています。40代以降は年収が下がった人が大半になっていますので、高い専門知識、専門技術を持っている人以外は年収アップが難しいことが分かります。

今の仕事で満足してる?本当にやりたいことを仕事にしないと、一度きりの人生を損しちゃいますよ!このサイトを見たことは、ひょっとしたら運命かもしれません。転職に関する情報をご提供しておりますので、気持ちを新たに羽ばたいてみませんか?