転職活動中は単発の仕事しながらスカウトを待つ

終身雇用があたりまえだった一昔前に比べれば転職すること自体は、特に珍しいものではなくなってきました。

しかし、転職の方法は人それぞれです。前職を辞めてしまう前に次の勤務先を決めてあるという方もいれば、勤務中は転職活動もままならず、辞めてからじっくり探すという方も多いでしょう。

では、次の勤務先がいつ決まるかということですが、人によっては1年、2年と長期化してしまう場合もあります。失業保険が切れてしまったあとは単発のアルバイトでもするしかないような状況になるかもしれません。

最近ではほとんどの方が転職活動にはインターネットを利用しているのではないでしょうか。インターネットの求人サイトは基本的に2通りの活用法があります。

1つはサイト上に記載されている情報に自分で応募するという方法。もう一つが企業側が自分にスカウトしてくるのを待つというものです。

単発のアルバイトをしながら何とかしのいで、一生懸命転職活動をしている時にスカウトのメールが来れば藁をもつかむ思いになるでしょう。しかし、現実的にはスカウトのメールはほぼダイレクトメールで、一人ひとりの経歴をじっくりみた上でスカウトしているわけではないのです。

実はこの上記の2通り以外にちょっと裏ワザ的な方法があります。それは「検討中」にするということです。「興味はあるが、申し込むほどではない、ちょっと考えたい」という場合に利用する「検討中」という機能ですが、検討中にすると、その募集記事の企業がどういった人が検討中にしているのかが分かるになっているのです。

名前や住所などの個人情報までは確認されませんが、ある程度の経歴は確認され、本当のスカウトメール(ダイレクトメールではない)を送ってくる可能性があるのです。

単発のアルバイトに注力するあまり、ついついスカウト待ち状態になってしまいがちですが、応募せずとも「検討中」にし、攻めの状態にできるのです。

今の仕事で満足してる?本当にやりたいことを仕事にしないと、一度きりの人生を損しちゃいますよ!このサイトを見たことは、ひょっとしたら運命かもしれません。転職に関する情報をご提供しておりますので、気持ちを新たに羽ばたいてみませんか?